3DO
バーチャルクエスト ファラオの封印
Virtuoso(バーチャルソー)
バーチャルホラー 呪われた館
バーニング・ソルジャー
パズルボブル
バトルチェス
パワーズキングダム
ファイアーボール
プリンセスメーカー2
ブレードフォース
プロスタジアム
ペブルビーチの波濤
ぼのぐらし
ポリスノーツ


バーチャルクエスト ファラオの封印
 アスク講談社/明記されず RPG

批評者  ひっき                  評価 2

あまりにも簡単なシステムの3DダンジョンRPG。
テキストがなくすべて音声で表現されるのが特色。そのせいで演出不足は否めない。
本当にダンジョンをさまよっている感覚を出したかったのだろうが
そういうのは開発力がついた後にでもやってもらいたい・・・
まずはスタンダードな路線で少しでも良い作品を作るべきなのではないだろうか?
難易度はこの手の海外ゲーム並の難易度。
しかも、セーブが1階区切りで拷問の様な感じのゲーム。


Virtuoso(バーチャルソー)
 イマジニア/MotiveTime 3Dシューティング 1995年09月01日

批評者  VBCテレビ               評価 3

DOOM系のシューティング。主人公が追っかけに疲れたロック歌手。
ゲームの舞台となるバーチャル空間のステージ構成が火星・お化け屋敷・海底と全く脈絡が無い。
操作性は悪くないが、敵の攻撃が割とハードで、難易度は高い。
マイナーかつマニアックな洋ゲーと、いかにも3DOらしい一本。


バーチャルホラー 呪われた館
 EAV/The 3DO Company 3Dダンジョンシューティング

批評者  ひっき                  評価 3

いわゆる『DOOM』系の一人称視点のシューティング。
次世代機ともなるとごちゃごちゃオブジェをつけたくもなるのだろうが
このゲームは無理をしてない簡素な画面なので映像が非常に綺麗。
ただし、酔う人間は本当に注意が必要で5分で気持ち悪くなる。
個人的にいろいろなゲームを遊んできたがこの手のゲームでは文句なく最高に酔う。
1時間遊んだらお腹が空になりダイエットにいいかも知れないほど(^^;
書いてるだけの今でも気持ち悪くなってきた・・・・


バーニング・ソルジャー
 パックインビデオ/元気 シューティング

批評者  ひっき                  評価 5

次世代機で大流行りの『スターブレード』系シューティング。
要するに映像が流れる的当てゲームである。
映像的にはなかなか格好良く及第点。
流れるようにゲームが進んでいくのも演出として秀逸。
ただ連射が出来ないのがちょっとつらい。
このゲームに限らず、元気開発タイトルは良作が多いが全般的に練りこみ不足。


パズルボブル
 マイクロキャビン/マイクロキャビン パズル

批評者  ひっき                  評価 5

『パズルボブル』の1作目の移植。
対戦型ではなく、ひたすらステージをクリアしていく形式のパズル。
初めは角度のつけかたに慣れずに戸惑うが
慣れると見せるプレイが出来るようになっていてなかなか楽しい。
飽きがすぐにくるところが難点だがシリーズが続いていくだけのことはある。


バトルチェス
 EAV/明記されず チェス 1994年09月16日

批評者  地雷屋                 評価 1

チェスである。駒を取るときにポリゴンの駒が戦いを演じ、負けた駒は首を切られる。
要すればムービーシーンのあるただのチェスゲームである。
さらに言えばテンポと趣味の宜しくないチェスゲームである。本物の駒で遊んだ方が良いでしょう。


パワーズキングダム
 マイクロキャビン/マイクロキャビン シミュレーションRPG

批評者  ひっき                  評価 4

細かい戦闘の連続で構成されているシミュレーションRPG。
マニアックな題材だったり技術方面ばかりに気を取られた作品が多い3DOの中では
コミカルで遊びやすいのが特徴。ただ、モロにバカゲーっぽいが。
やはりというか残念なところで、
別に3Dにする意味のないシステムなのに無駄に3Dにしてるのは3DOの宿命だろうか?
意外と普通に薄く遊べるゲームではある。


ファイアーボール
 日本データワークス/明記されず ピンボール

批評者  ひっき                  評価 3

リアルさを追求したオーソドックスなピンボールゲーム。
映像は次世代的でさすが3DOという感じだが、ゲームならではのものがないため
ゲームで遊ぶ意味は薄い。というか遊ぶ意味がない。
ファンタジー調の画面が印象的。


プリンセスメーカー2
 マイクロキャビン/マイクロキャビン 育成シミュレーション

批評者  AC−9                 評価 9

育成シミュレーションの草分けの1つで
「プリメ」と呼ばれファンに愛されているソフト
いろんな機種で発売されているが、なぜか2はメジャー機では発売されていない
最高でサターン(汗)
1と比べると大幅に出来ることが増えたため遊びの幅が広がった


ブレードフォース
 スタジオ3DO/The 3DO Company 3Dシューティング

批評者  ひっき                  評価 2

こういうタイプにありがちなバカゲー。もとい、バカっぽい雰囲気が全編に漂うゲーム。
映像的にはなかなか頑張っているけど
やはり酔うし、操作が結構難しい。
しかし、3DOのこの手のゲームは氾濫気味に多いな・・・・


プロスタジアム
 三洋電機/明記されず 野球

批評者  ひっき                  評価 1

3DO規格からライセンスを受けたハードメーカーのひとつである
三洋電機が送る野球ゲーム。
動きがカクカクの上に解像度が低いし、簡素な画面でロードも長く
野球に沿ったプレイ感覚になってない。
・・・とすべてが最悪。これは好みというより誰が見てもおかしいと思うはず、
野球ゲーム史上最悪のゲームの1つに数えられるだろう。
マトモに売ろうとしているよりは数合わせの意味合いが強いと思うが、
メーカーのイメージダウンにしかなっていない。


ペブルビーチの波濤
 T&Eソフト/明記されず ゴルフ

批評者  ひっき                  評価 5

次世代初のゴルフゲームということで映像的には文句ない。
ただ、実写取り込みでおかしな感じがするところや
バンカーが変なところは、次世代ゴルフゲームとしての未完成さを感じる。
ゲーム的にはいつものアレでレベルは高い。
さすがにゴルフゲームトップメーカー!ではある。


ぼのぐらし
 アミューズ/明記されず アドベンチャー

批評者  AC−9                 評価 2

分かるだろうが、いがらしみきお原作「ぼのぼの」のゲーム版
他の生き物と仲良くなるコミニュケーションソフト
と言えば聞こえはいいがこのゲームは単なる総当たり式アドベンチャー
企画者の考えていたことは分かるだけに
再現度0%の作り手に深い憤りを感じる


ポリスノーツ
 コナミ/コナミ アドベンチャー 1995年09月29日

批評者  地雷屋                 評価 9

スナッチャーに続く小島作品ADVの第二弾。
テキストタイプのアドベンチャーとしては非常に完成度が高い。
スパUXと並んで3DOのキラータイトル的存在であったが
その後PSやSSにも移植されている。
雰囲気・ストーリー・声優、すべてにおいて素晴しい。
緊張感をそぐ余計な要素があるので−1点だが。