Mega Drive(hu)

Fastest 1(ファステスト・ワン)
ファンタシースター復刻版
ファンタシースターII 還らざる時の終わりに
ファンタシースター 千年紀の終わりに
フェリオス
ぷよぷよ
プロフットボール
プロ野球スーパーリーグ'91


Fastest 1(ファステスト・ワン)
 ヒューマン/明記されず レース 4M+B.B.

批評者  和製アメリカンドリーム           評価 7

PCエンジン「F1トリプルバトル」のMD版です。
このゲームはとにかく画面は地味、スピード感は無いでビジュアル的に
アピールできる要素は皆無ですが、セッティングも結構細かくでき、ちゃんと効果もあるので
ツボにはまれば凄く面白くて長〜くハマれます、
当時のレースゲームでは珍しかった(今でもか?)きちんと減速しないと曲がれないゲームですので
地味さと相まって人を選ぶゲームです。
MTのフィーリングも雰囲気が出ていて、コースの距離感やコーナーの走破スピード
などはリアルっぽい感じで、このコーナーは実車でも2速なんだろうなと思わせるような説得力がありました。
GTでチクチクとタイムアタックをするような人なら、画面さえ気にしなければ
今遊んでも楽しめるんじゃないかと思います


ファンタシースター復刻版
 セガ/セガ ロープレ 4M+B.B.

批評者  ひっき                     評価 5

セガ初のRPGとしてマークIIIにて1987年12月に発売された作品の復刻版(移植)。
個人的にはオリジナルはプレイしていないので初プレイとなる。
ゆえに評価は当時の状況を考えねばならないが1987年12月といえば
WIZのFC版移植とFFが発売された月でその他では発売延期の後88年2月にDQ3
6月ヘラクレスの栄光 9月女神転生 10月ウルティマFC版、桃太郎伝説が発売されている。
ハードの問題もあるがそれらと比べてしまうと通常グラフィックでは大きく見劣りする。
システムも洗練されていないドラゴンクエストという印象で
プレイアビリティが悪いことに比べ、独自色も弱い。
何より、メッセージがカタカナなのは厳しい。
ゲームバランスも苦楽表裏一体のドラゴンクエストと比べ苦痛ばかりで良いとはいえない。
唯一、3Dダンジョンの処理だけが光っているがこれだけで全体を評価することは出来ないだろう。
RPGを知らない人間がファーストプレイでこれに当たれば問題なく楽しめるとは思うが
上で挙げたタイトルを遊んでいるユーザーであれば100%楽しめることはないと思う。
もちろん、RPGを知らないマークIIIオンリーのユーザーにRPGを面白さを教えたという点では評価したいし、
マークIIIオンリーのユーザーが賞賛する気持ちもよく分かる。

批評者  ルークルーク                 評価 3

「ファンタシースター 千年紀の終わりに」のプレゼントキャンペーンの商品で
メガドライブで動くマーク3版「ファンタシースター」の復刻版。
急に一般発売して批判が多かったゲーム
これをプレイした人のほとんどは4をプレイしたわけで
そういう意味では思い入れ込みでも面白いとは思えないだろう

批評者  ダクト                     評価 4

リメイクではなく完全移植なので今更遊ぶのは辛かったというのが正直な所だが
サターンのSEGA AGESで遊んだ方はどうだったのだろうか?
結局、昔は面白かったんだけど今遊ぶとなんでこんなのが面白かったんだろう?
という感想になる
だいたい、今更遊べちゃったら最新作の立場ないしね・・・

批評者  アンチK山                   評価 1

メッセージがカタカナだったり、ゲームバランスが悪かったり
ゲーム時間が長く無駄にだらだらさせられたり
完全なクソゲー
しかも、FM音源でない分マーク3以下・・・・
おぃおぃふざけんなよ

批評者  HIGE METRO                 評価 5

もとはプレゼント用だったからコレでいいってもんでしょうが…
一般発売してそれなりの¥お金¥を取るんなら、もうちょっとなんとかしないと(カタカナとかカタカナとかカタカナとか)。
起動時の「マーク3」ロゴに一瞬感動を覚えるものの、オィオィこれってファンタ1+メガアダプタチップですか?ってなもんです。
変換アダプタ内蔵ロム(?)の技術はちょっと凄いかも、本質がズレてますが。
当然「マーク3」だからFM音源もナシ、気配りナシ。
セガの性根を理解するに十分な一本。


ファンタシースターII 還らざる時の終わりに
 セガ/セガ ロープレ 6M+B.B.

批評者  ひっき                     評価 7

ファンタシースターの続編。前作は3Dダンジョンのみが売りだったのだが
今作ではそこをスパッと切りセガとしては珍しいオーソドックスなRPGに仕上がっている。
ストーリーは1から1000年後という設定。狙ってファンタジーアニメチックな設定なのだが
これが熱狂的に支持されている主な理由だろう。個人的にも悪くはない。
グラフィックはメガドライブになったことで表現力が上がっているが
SFファンタジーを表現しきったというほどの表現力は感じないのが残念な部分。
ゲームバランスやプレイアビリティは相変わらず最悪。
この辺はRPG制作のノウハウがないことや単なる猿真似がどうも苦手だというセガの特色が表れている。

批評者  ルークルーク                  評価 10

1人よがりというか1ゲームよがりなシナリオや
バランスの悪さなど揚げ足を取れる要素がたくさんあるため
メガドラ時代は酷評されることも少なくなかったが
某2大RPGに失望した新規ユーザーから絶賛されているシリーズ
その中でも最高傑作に当たる作品

批評者  ジュウ                     評価 7

1との画面的な違和感に悩みましたが
ゲームはまさにファンタです
いかにもファンタジー好きの女性的なシナリオなので
男性陣はひくか惹かれるのどっちかでしょうね
それよりも女性の方に遊んで貰いたいソフトだったりします

批評者  ダクト                     評価 6

何となくキャラゲーっぽい感じのするゲーム
ストーリーは良いが肝心のゲーム部分が厳しい出来になっている
手応えがあるというよりは意図的な意地悪にしか感じない


ファンタシースター 千年紀の終わりに
 セガ/セガ ロープレ 24+B.B.

批評者  ひっき                     評価 8

ファンタシースター完結編として発売されたシリーズ第4弾。
前作から3年半以上、直接のベースとなる2からは約5年も離れているだけあって
グラフィックは丸っきり別物といっていいぐらいに進化しているし
プレイアビリティにも大幅な向上が見られ
ストレスが少なくテンポの良い作品になっている。

批評者  ルークルーク                  評価 3

2のシステムで最新版といったゲームだった作品
映像は綺麗だが同時期発売の某FFと比べると貧弱
方向性が違うと言えばそれまでだが強がりにしか聞こえない
駄目なものは駄目と肯定してこそ次につながる

批評者  ジュウ                     評価 8

ファンタ完結編。ゲームベースはまんま2になっております
斬新だった3と比べるといささか保守的に感じますが
グラフィックはメガドライブに限っていえば素晴らしい
ストーリーもゲームとしては素晴らしい
すべてがある程度以上のレベルですが
すべてに何かが欠けているとも言えます

批評者  アンチK山                   評価 1

クソゲー
発売当時にFF6と良く対比されていたが
戦闘システム、グラフィック、シナリオ
すべてにおいて完膚無きまでに負けている

批評者  マルファス                   評価 7

メガドライブでは珍しくシリーズ化したRPG。個人的には好きです。はい。
非常にシンプルかつオーソドックスなコマンド式RPG。
特に真新しいシステムとかを採用している訳ではないので、誰にでもプレイできるのではないでしょうか。
しかし、結構敵の強さのバランスが厳しく、稼ぎプレイは必須です。
まあ、当時のRPGでは当たり前の事ですけどね。
武器防具のコストパフォーマンスも悪いので、次の街へ行き、買い換えようにも
メンバー一人の新しい武器を買って終わり、などという事は当たり前です。
更にバグも結構あります。
私の持っていたソフトは、とあるキャラが仲間として加わってから、そのキャラだけ999ダメージ、いわゆる即死ダメージを喰らい続けます。
そう、それがたとえ序盤に出てきた敵からの攻撃でさえね。
ソフトのプログラム上のミスなのかどうかはわかりませんが、必ずそうなってしまうんです。何度やり直しても。
その後買い直してエンディングを迎えることが出来たのも、好きだったからなんでしょうねェ。
いろいろ言いましたが、過剰な演出などがないRPGに飢えている人などにおすすめですよ。


フェリオス
 ナムコ/ナムコ 縦シューティング 1991月07月20日 4M

批評者  HIGE METRO                   評価 7

ナムコMD参入第1作で業務用からの移植。
豪華絢爛な業務用には及ぶべくもないが、家庭用への落とし込みとしては良作である。
元から拡大縮小と回転を除けばこんな感じか?
音楽もよく再現されている。ゲーム性の移植はまずまずだが、「溜め撃ち遍重」のため、爽快感は薄い(原作もだが・・・)。
演出もMDなりのアレンジが良好で多重スクロールの背景などなかなか気持ちがいい。
残念ながら「フェリオス」=「ギャルゲー(アルテミス)」の認識が強く、
ビジュアル目当てなら到底おすすめできない。


ぷよぷよ
 セガ/コンパイル パズル 4M

批評者  ひっき                     評価 7

声がかすれている。MDだから仕方がないが・・
ゲーム的には連鎖が非常に楽しい、声が被さっていくのも○
超・ウルトラ・ダイナミック・スペシャル・バズーカとかみたいな
すごい攻撃なんだみたいな爽快感がある
1人で黙々じゃなくコンピューターとでも常に対戦する対戦方式をとっているのもプラス要素
これがあるのとないのとじゃあ、このゲームの人気も違ってきたと思う。
先に大連鎖やったもの勝ちなのがキツイ。


プロフットボール
 セガ/明記されず アメリカンフットボール 4M

批評者  ひっき                     評価 2

「残念ながらフットボールが分からない」そういう人がこのゲームを遊ぶのは無謀。
全編英語だしリアル志向なので初心者お断り
ゲーム好きでなおかつアメフト好き
という限られたフィールドの中で受け入れられるゲーム
本腰を入れて日本で売ろうとするならばこの内容で出すことはないはず。
カセットと説明書のサイズも気になった。


プロ野球スーパーリーグ'91
 セガ/明記されず 野球 1991年08月30日 4M+B.B.

批評者  HIGE METRO                 評価 4

「プロ野球」を冠したスーパーリーグ第二弾。
選手の実名化や演出の強化など、いちおう努力の跡は見受けられる。
打撃・投球時の画面はなかなかの出来で当時としてはかなりリアル。
…ここまでは良かったのに・・・。
ヒッティング後に当然画面が切り替わるわけだが、コレがもう…
情けないと言うかしょぼいと言うか…まぁ、そんな感じ。
この切り替えに脳内スイッチが反応できるヒトでないと楽しめません。
ゲーム的にもやっぱり大味…ってか若干加速した感もあり。
前作のほうがまだ味があって良かったよ。




Homepage