PC-98(M18)
EVE burst error
Esの方程式 Wo Es war,soll Ich werden.
黒の断章 THE LITERARY FRAGMENT
ドラゴンナイト4
この世の果てで恋を唄う少女 YU-NO



EVE burst error
 シーズウェア/姫屋ソフト マルチサイトアドベンチャー 3.5FD 7枚組 1995/11/12 8,800円

批評者  スターズ            評価 9

DESIREのストーリーが心に響いて期待して買ったマルチサイト第2弾(DESIREはあえてレビューしません/謝)
シナリオ的にはドラゴンナイト4、DESIRE、YU-NO、に続いて個人的世界ランク4位です。
やはり、2作目の重圧からでしょうか守りに入ってしまったような気がしました。
天城 小次郎は主人公だからともかくとしてキャラクターの作りが狙いすぎて逆に興醒めしてしまいます。
俗に言うキャラクター萌えみたいな人にはキャラクターがポイントなんでしょうけど。
私はキャラの魅力よりシナリオの自体を堪能したいので受け狙いの方向性は快く思いませんでした。
グラフィックはパソコンと言うことを考慮すれば可もなく不可もなくのレベルだったと思います。
ただ、のちに発売されたサターンからすれば大きく見劣りすることは事実です(当たり前ですが)
エロゲーからサターンに移植されたゲームの中には支持されたゲームが多いですが
同級生、EVE、DESIRE、黒の断章、下級生、YU-NO、etc・・・そのどれもが素晴らしいリメイクを施されていたからこそ
支持されたんでしょうね。


Esの方程式 Wo Es war,soll Ich werden.
 アボガドパワーズ/スケアクロウ パースペクティヴ・モダンホラー・AVG 3.5FD 5枚組 1996/5/24 7,800円

批評者  スターズ            評価 7

涼崎探偵事務所ファイルシリーズの第2弾。
心理学がモチーフとなっていて要するにサイコな作品です。
ただ、前作もそうでしたがスリルがあって面白いけど深くない。
シナリオはやはり前作の方が秀逸ですけれど、
全体的に見れば2作目とあって作りがこなれた感じです。
遊びやすくてよりエッチになり“エロゲー”って感じ。
第3弾の『人工失楽園』は待たせすぎ・・同級生3並(笑


黒の断章 THE LITERARY FRAGMENT
 アボガドパワーズ/スケアクロウ パースペクティヴ・モダンホラー・AVG 3.5FD 5枚組 1995/7/14 7,800円

批評者  スターズ            評価 8

まずはキャラクターが魅力的 主人公の涼崎はホームズ的存在で、
その相棒であるワトスン役の草薙をプレイヤーが担当するところが面白い。
それぞれに動のヒロイン,静のヒロインをつけるところもにくい演出。
もちろん、エロゲーらしく様々なタイプの女性が“涼崎”に絡んでくる。
草薙(プレイヤー)としては早く先が知りたいのにムラムラ来ないエッチシーンをこなさなくてはならなく苦痛だった。
18禁としては致命的かも知れないエッチ・シーンが邪魔という要素。
制作者がしっかりしたゲームを作ろうとしたために起こった悲劇だと思う。
シナリオは後編が『クトゥルー神話』をモチーフとしており
弱小メーカーにしては珍しく小説でも読めたであろう秀逸なシナリオだった。
しかし、後に発売されたサターン版のグラフィックは目を見張るものがあった。
元々エッチシーンが邪魔なゲームなので遊ぶならサターン版だろう。(それでも邪魔なものは邪魔だが)


ドラゴンナイト4
 エルフ/エルフ シミュレーションRPG 3.5FD 2枚組 1994/2/25 8,800

批評者  スターズ            評価 10

たぶん、このゲームを超えるシナリオを持つ物語は存在しないのではないだろうか?
私は30年とちょっと生きてきて何千ものシナリオを体験した今でもそう思っている
これをプレイした頃の自分といえば推理小説の伏線見つけるのが趣味みたいな嫌な奴で
これもエトはタケルで実はお前のための試練だったとか言うんじゃ・・・と思っていた。
だって今までのシリーズってしょぼかったし愛と冒険とスケベ心のストーリーでしょ?
ゲーム自体も戦略性重視のシミュレーションRPGになっているが
そんな事が吹き飛ぶくらいの秀逸なストーリー。
主人公はこのときどう思っていたのだろう・・と考えるたびに心に響いてくる。
子供の頃に見えていた物と、大人になってから見える物のあまりの違いに驚かされる。
しかも、冒険の目的は世界を元通りにするために自分自身を消し去ること。
自分の世界同じ世界に見えてもすでに自分の世界での知り合いはこの世にいない・・・
身代わりで切なさを埋める主人公の姿・・・
深すぎるので分からない人には分からないだろうがあまりにも秀逸なストーリーである。


この世の果てで恋を唄う少女 YU-NO
 エルフ/エルフ マルチストーリーシステムA.D.M.S CD-ROM 1枚組 1996/12/26 9,800

批評者  スターズ            評価 10

並び表される剣乃ゆきひろ氏の他2作と決定的に違うところがシステムの秀逸さです。
アドベンチャーの分岐自体をゲームに取り込んでシナリオをコンプリートすることで
話の全体像が見えてくるA.D.M.S(Auto Diverge Mapping System/アダムス)という
コロンブスの卵的発想のゲームシステムがとにかく素晴らしい。
いろいろな事情があってA.D.M.Sを使ったゲームはこれ一作になってしまっているようだが
これを埋もれさせるのは業界全体のマイナスだから他のメーカーも率先してパクって欲しいと思う。
シナリオですが非常に秀逸です。カニバルや近親相姦の連続には引きますが・・・
人によっては本当の意味での18禁と絶賛されていますが正直入れる必然性はないですよね?
普通のゲームと違いシナリオをコンプリートして初めてクリアなので総プレイ時間は膨大な量になりますが
飽きさせない魅力があるストーリーの連続だったと思います。
特に亜由美さんのラストはさぁお楽しみとか考えていたので頭を撲ったような思いでした。
最後に向かった先はもちろん亜由美さんです。





Homepage