超次世代機

勘のいい人なら「5つから3つを選ぶのが10通りでそれが3種類あって30通り」だから
30個は出来ると一瞬で分かったと思いますが、まさにそうです。

○○○××
○○×○×
○○××○
○×○○×
○×○×○
○××○○
×○○○×
×○○×○
×○×○○
××○○○

30までは赤、緑、青ごとにこのような順番に並んでいるので
自分の資料室を確認して抜けているところを開発すればOKです。
ちなみに期待度は関係ないようです。

で、残り1つなんですが「腐」「夢」「星」で組み合わせると出来ます
これがなんで特別扱いされたのかはさっぱり分かりませんけど・・・・・・




「ルーレット攻略法」

期待度100%にしたいけど脳の速度に自信がないって人に送る
攻略指南です
まず、期待度を上げるには「緑で揃える」のが必要条件です
「黒2つ」や「緑2つ」でも期待度は上がりますがそれぞれ2や1なので
どうやっても期待度100にはなりません

ルーレットは一定の順序でまわっているのでその順序がわかればいいのですが
ただ追ってるだけだと頭が混乱してくるし時間制限に引っかかってしまいます
そこで、白黒白黒の順でまわるところを探してみてください
以外と簡単に見つかるはずです
それから緑の位置を探せば予測しやすいはずです
あとは自分の反応速度に合わせて
1つ目は「1個前で押す」2つ目は「2個前で押す」3つ目は「3個前で押す」とか
作戦を立てましょう


(31個が見つかる以前の推測)

31個目の可能性としてはこんなのがあげられます

▼推測1
あるゲーム機の時に期待度100%にする
ちなみに、ただ期待度100%にしても出来なかったことは確かです
歴代セガマシンの中で出来たマシンの外見に使われてないのが
DCだけだったので11番のDCXで100%だ!
って予想したんですがこれはダメでした

▼推測2
セガの歴代ゲーム機と同じ日に発売するようにする
例、11月22日、11月27日

▼推測3
どうやるのか変わらないけど同一色以外で組み合わせる

▼推測4
ある順番で組み合わせる