WonderSwan(k)
カオスギア 〜導かれし者〜
風のクロノア ムーンライトミュージアム
KISSより… 〜Seaside Serenade〜
グローカルへキサイト
CLOCK TOWER for WonderSwan(クロックタワー フォー ワンダースワン)
GUNPEY(グンペイ)
子育てクイズ どこでもマイエンジェル


カオスギア 〜導かれし者〜
 バンダイ/明記されず シミュレーション 1999年06月10日 16M+256kS-RAM

批評者  ひっき                       評価 5

城を育成して生産されたお金で兵士を雇い戦略シミュレーションで戦うゲーム
そのゲーム性自体は十分面白いものなんだけど
遊び安さなりの詰めの部分が甘い
戦略フェイズと行動フェイズに別れているためテンポがわるいし
能力の一覧表が見られなかったりなど不満だらけ
ちなみに同名トレカが元になっているらしくとってつけたような
トレカ集めの要素がある


風のクロノア ムーンライトミュージアム
 ナムコ/ナムコ アクションパズル 1999年05月20日 8M+64kS-RAM

批評者  JET+BOY                       評価 10

「ジャンプ」と「風だま」を駆使してフィールド内に散らばる
「月のかけら」を集め、クリアーして行くアクションパズル
グラフィック、BGMともに統一感、こだわりがあり
温かみのある独特の雰囲気、世界観を表現している
また ワンダースワンの特性や視認性を考慮した作りになっていて
ハードなアクションやシビアな操作は無い 
その代わりに、フィールド内には様々なパズルギミックがあり
これを一つ一つ攻略して行くのが、快適な操作性も手伝い 実に気持ちが良い
ワンダースワンのゲームでこれほどまで緻密に計算され
手応え、やり応えのあるゲームを他に知らない
ナムコのと言うより、「クロノア」スタッフがこの作品にかける意気込み
思い入れ、配慮は相当なモノだとプレイしていて実感した
携帯ゲーム機やアクションパズルが好きな人は
同種に当たる GBA版「風のクロノア 夢見る帝国」も出ているので
是非、手にとって遊んで見て貰いたい


KISSより… 〜Seaside Serenade〜
 加賀テック,キッド/明記されず 恋愛ゲーム 1999年12月02日 16M+256kS-RAM

批評者  シェキル                      評価 5

セガサターンで発売されエロゲー化も果たしているギャルゲーのWS版
こういった携帯ゲームで本格的な恋愛ゲームが出るのは最近の流れだが
まぁ、悪くないと思う。ボイスもぐちゃぐちゃだしグラフィックもモノクロでしょぼいけど
肩肘張らずに遊べるところは評価できる
このゲームの売りは「リアルタイム会話システム」
話題を選択するだけの単純なシステムだけど、それなりに楽しめる
ただし、話題数が少ない上に1度出した話題はもう使えないので
2度目以降、話すことがないのは困りもの・・・
もっとも、電話番号さえ聞けば後は用無しなので(デートの繰り返しで好感度アップが出来る)
1回目に全部の話題を高速で相手に話しかければOK!
後は街で出会っても知らんぷりすればいい・・・ってそれでいいのか?


グローカルへキサイト
 サクセス/明記されず パズル 2000年06月29日 4M

批評者  地雷屋                       評価 7

三角形やひし形、台形、六角形などの図形を交互に盤面に並べて行き、
置き方で点数が変わり、その点数を競うゲームです。
元々ボードゲームだったようですが、地味にスワンに移植されています。
で、地味な割に面白いです。
何の気なしに始めたら一番簡単なモードでもコンピューターに大差で負けてしまいました。
相手の先の手を読みあいながらパネルを置いていくのでリバーシなどに似たゲーム感覚です。
地味なのですがパズル好きなら中々はまれる作品です。


CLOCK TOWER for WonderSwan(クロックタワー フォー ワンダースワン)
 加賀テック/明記されず ホラーアドベンチャー 1999年12月09日 16M+256kS-RAM

批評者  ひっき                       評価 4

オリジナルシナリオではなく1のまんまモノクロになって移植。
買ってみてガックリ・・・(個人的には3機種目だし)
ただ、モノクロ映画風で(いいように取るとね)雰囲気は出ている。
しかし、それだけ・・・・
ゲーム的にで見れば「1」はシリーズ1おもしろいことは間違いないので
安心して遊べるとも言える(でも無理があるが)


GUNPEY(グンペイ)
 バンダイ/コト パズル 1999年03月04日 8M+16kEEP-ROM

批評者  ひっき                       評価 8

入れ替え式のアクションパズルゲームの亜流。
なのだが、線を横に繋げるという(色を排除した)単純明快な分かりやすさと
繋げ方に無限のバリエーションがあること。
ピンチが大きな得点を生むチャンスになりやすいことなど。
シンプルながら全く新しくて奥の深いパズルゲームになっている。
加えて、ワンダースワンの横画面を生かしているのもポイント。
まさにGUNPEYのためのワンダースワン。ワンダースワンのためのGUNPEY。だと言える。
これのためにワンダースワンを買っても損はしないと思うし、
横井軍平氏、最後の大発明であろう。
ただ、ひとつ難があるとすればコンピューターとの対戦が全くおもしろくないこと。
ゲームシステムに対戦を上手く組み込めていないのが明らかだった。

批評者  AC−9                      評価 3

ルールが難しいのでとっつきにくいですが
遊び方に幅のあるソフト
ひたすらせわしく動かしてもいいし戦略的にもできる
ピンチになればなるほど消しやすいというところもポイントが高いです

批評者  地雷屋                      評価 8

ワンダースワンのキラーソフト。
誰にでも分かりやすいルール、思考とアクションのバランスの良さ、そしてスワンの縦画面を生かした作り。
手軽さと裏腹についつい時間を忘れて没頭してしまう。大量に消すと快感この上なし。
色々移植されているものの、このゲームのシンプルさが一番生きているのはスワン版と思われる。


子育てクイズ どこでもマイエンジェル
 バンダイ/ナムコ クイズ 1999年04月15日 16M+64kS-RAM

批評者  ひっき                       評価 5

アーケードやPSで人気の『子育てクイズ マイエンジェル』のWS版。
PS版の「アットホームモード」を単純にしたようなゲームだと言っていいだろう。
携帯ゲーム機のソフトと言うことで、こまめにセーブが出来るようになったのだが
クイズゲームで途中でセーブできてしまうことは致命的であり、
結局は難易度が下がったも同然。
さらにゲームオーバーのペナルティがないのでギリギリクリアするよりも
ゲームオ−バーになって楽にクリアできるまでやり直した方が成績が良くなるという、
理不尽な仕様なのはガックリきた。
「アルバムモード」も用意されているが、相変わらず通ったイベントだけしか残らないので
個人ごとの特徴があらわれず、ほとんど無意味に感じる。